So-net無料ブログ作成

無言で1万円札わしづかみ、大阪のコンビニに刃物強盗

 16日午前2時15分ごろ、大阪市西区西本町のコンビニ「ファミリーマート西本町1丁目店」で、男性店員(35)がレジ内の売上金を数えていたところ、店に入ってきた男がレジ上に置いてあった1万円札数枚を無言でわしづかみにし、さらにこの男性店員に刃物を突きつけ、男性店員が手に持って数えていた札も奪って逃走した。当時店内に客はおらず、男性店員にもけがはなかった。被害は約10万円で、西署は強盗容疑で捜査している。 西署によると男は20〜25歳とみられ、身長160〜170センチ。黒いフード付きパーカーを着てマフラーで顔を隠していたという。

<中国株>16日=押し目買いで3日ぶり反発

2010年3月16日、この日の中国本土株式市場で、上海相場の代表的な指数である上海総合指数は前営業日終値比0.53%高の2992.84ポイントと3日ぶりに反発した。上海総合指数が前日に節目の3000ポイントを下回ったことをきっかけに、値ごろ感からの買いが強まった。証券株が上昇。信用取引のモデルケースとなる証券会社の発表を控えて、選定が有望視される銘柄に買いが集まった。このところ下げが目立った不動産株も押し目買いで反発した。石油株も高い。もっとも金融引き締め懸念が根強い中、大手銀行株の一角に売りが継続し、指数の上値は限られた。石炭株も売られた。外貨建てのB株相場は、上海B株指数が0.86%高の248.30ポイント、深センB株指数が1.04%高の615.76ポイントで引けた。(翻訳・編集/東亜通信)【関連記事】・<中国株>15日=続落、上海総合指数は1カ月ぶり安値・<中国株>12日=急反落、利上げを警戒・<中国株>11日=小反発、朝安も後場に持ち直す・<中国株>10日=4日ぶり反落、CPI発表前に様子見・<中国株>9日=利上げ観測後退で3日続伸

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。